blackmeans × FUUDOBRAIN - Johnny Thunders model moto leather jacket

158,004円(税込)

今年4月に公開されたドキュメンタリー映画『Looking for Johnnyジョニー・サンダースの軌跡』。
シンガーでギタリストでもあるジョニー・サンダースは、ニューヨークパンクを代表するミュージシャン。ギターメーカー「Gibson」のレスポールジュニアを愛用したギタリストとしても知られている。
1971年にNew York Dollsを結成し、1975年からThe Heart Breakersで活動。その後はソロ活動を行っていたが、1991年の来日公演直後に38歳の若さで逝去。ドラッグ中毒でもあったサンダースの破天荒な生涯を追った初のドキュメンタリーとなる同作は、周囲の人々へのインタビューや数々の未発表映像で構成。出演者には、New York Dollsのメンバーであったジェリー・ノーラン、シルヴェイン・シルヴェイン、プロデューサーのマルコム・マクラーレンをはじめ、写真家のボブ・グルーエン、テリー・チャイムズ(ex.The Clash)、アラン・ベガ(Suicide)らが名を連ねている。監督はThe Clashのドキュメンタリー映画『ザ・ライズ・アンド・フォール・オブ・ザ・クラッシュ』を手掛けたスペイン出身のダニー・ガルシアが務めた。

そんな貴重作品の日本上映記念公式アイテムとして、blackmeansと高円寺のSHOP「FUUDOBRAIN」がコラボレートし、ジョニー・サンダースのアイコンとして君臨する白襟のアメリカン・モーターサイクルレザージャケット(後にシド・ビシャスへと受け継がれたとされる一着)を細部に渡る再構築を施し、再現復刻して製作。数あるレプリカと差別化を図るため、細部に渡る再構築に豊富な知識と経験を合わせ持つ元666スーパーアドバイザーSWEET GENE the GIGOLOCK氏(GTG PRODUCTS)の多大なバックアップも加味され、極めて最終的な形で世に生まれたこのレザージャケット。手仕事で仕上げるblackmeansの秀逸な経年加工が加わることで今までにはない贅沢な逸品が完成しました。革ジャンマニア達の愛情とエネルギーをを注ぎ込んだ至高の一着にふさわしい仕上がりとなっています。

★付属品★
ジョニー・サンダースがTHE HEARTBREAKERS時代のアナーキーツアーとLive盤LP ”D.T.K” のジャケットでも着用していたデザインのスカルプリントTシャツがもれなく付属します。


【MATERIAL】
COW LEATHER(牛革)

【COLOR】
BLACK × WHITE


【 SIZE 】
SIZE2:前着丈 57cm / 後着丈 55cm
/ 身幅 46cm / 肩幅 42cm / 袖丈 60cm 
(Sサイズ:34〜36inch相当)

SIZE3:前着丈 60cm / 後着丈 57cm
/ 身幅 49cm / 肩幅 43.5cm / 袖丈 62cm 
(Mサイズ:36〜38inch相当)

※ 採寸は念入りに行っておりますが、平置きによる採寸の為、数字に若干のずれが生じることもございます。何卒ご了承下さい。

※ サイズ感についてご質問がある方は、お気軽にお問い合わせください。

※ PC、モニター、ブラウザーの環境により実際の色やイメージと異なる場合がございます。予めご了承下さい


男性モデル身長 / 177cm 着用サイズ / SIZE3
女性モデル身長 / 160cm 着用サイズ / SIZE2

型番 945-70TJ57-JT
販売価格 158,004円(税込)
在庫数 Sold Out
サイズ

オプションの在庫・価格の詳細はコチラ

copy right(c) birthdeath all rights reserved.